園長あいさつ・幼稚園紹介

園長あいさつ

園長写真

西荻学園幼稚園のホームページを訪れてくださりありがとうございます。

西荻学園幼稚園は日本キリスト教団西荻教会によって創立されたキリスト教主義の幼稚園です。キリスト教主義といっても、特別なものではありません。神さまがお与えくださった見えない生きる力の「根っこ」を育てることを大切にしています。

創立者の片谷武雄は、戦後の困窮の中で、生きることに必死な大人たちの陰で幼い子らが置き去りにされる様子を見て、この幼い子らと彼らを育てる家庭にこそ「愛されている」ことを知り「愛する」人として平和をつくり出す人々となって欲しい、生まれてきた幸せ、共に生きる幸せを感じて欲しいという願いから、幼稚園を設立しました。

幼い子の幸いな未来を願う思いは今も変わるものではありません。現代も、現代なりの課題の中で人間にとって貴重な幼児期の「愛される」時間は容易に失われます。幼児期の子どもに「愛している」と言い聞かせても「愛」は伝わりません。手を伸ばす手を握り返すことや抱きしめること、話を聞くために振り返ること、自分の時間を与えること、そういった子どもが体で感じる具体的な触れ合いが愛されている実感を知らせます。だからこそ、私たちの幼稚園は園バスを持たず、お弁当にこだわり、預かり保育も最小規模にして、時流に合わせることを選びませんでした。

西荻学園幼稚園では、最も子どもらしい自然の姿である「遊び」を通して、さまざまなものへの興味・関心を高め、自分自身を大切にし、他者を大切にすることの喜びを育てます。大人の目には遠回りのように見えても、「夢中になって遊び抜く」「遊びの中で自分の見つけた課題を達成する」といった経験が「自力で問題を解決しようと考える人」「未来を拓く提案のできる人」「自制心と自己主張のバランスを持った人」人へと成長するために重要なことです。こうしたお子さまの経験と成長の機会を守り抜くことが最も大切だと考えています。

保護者の皆さまと幼稚園の教職員との「子育て」と「保育」を良き協力をもって支えあうことで、お子さまの幼児期はより良きものになることでしょう。どんなことでもお尋ねくださり、ご相談ください。お子さまにとって、そして保護者にとっても幼稚園が良い場所となりますように、そして幼い心の内に人生で最も大切な根っこを育むために、私たち自身も過去に満足することなく、学び成長していきたいと思っています。

西荻学園幼稚園理事長・園長 有馬尊義

ブログもご覧ください。

施設写真


周辺地図


園の概要

創立
1950年8月24日
経営主体
学校法人 西荻学園
理事長  有馬尊義
所在地
〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-11-3
TEL・FAX  03-3396-8466
定員
3歳児 26人
4歳児 35人
5歳児 35人
職員
園長    1人
事務主事  1人
教師    5人
補助教師  3人
英語講師  2人
体育講師  1人