園長の思い

園長 有馬尊義のブログです。

ブログ一覧

セルフ・コンパッション

自分自身をケアする方法として「セルフ・コンパッション」というメソッドを知りました。直訳すれば、「自分を思いやること」です。

これはテキサス大学のクリスティン・ネフ(教育心理学者)がまとめたものです。鬱、不安感、完璧主義などを緩和し、満足感や幸福感、好奇心などを高める効果があると言われています。その結果、逆境を跳ね返す「レジリエンス」も強まります。

ネフ自身の体験によると、自閉症の息子が激しい癇癪を公共の場で起こし、周りから非難の目を浴びたときにセルフ・コンパッションの効果を実感したそうです。その時に胸に手を当て、「この難しい状況で、私はよく頑張っている」と自分を思いやることで、穏やかに子どもに接することができ、子どもも落ち着いていったそうです。

セルフ・コンパッションとは、温かい言葉や態度で自分に向き合うことです。周りの視線や言葉に委縮して、自分で自分を否定しては袋小路に追い詰められていきます。しかし、自分で自分を思いやり、励ますことで、周りにも思いやりを向けることができるようになります。

セルフ・コンパッションの方法としては、辛いと感じたときに、自分で自分の身体に触れてみます。自分自身の体温を感じることで、「幸福感」に関わるホルモンであるオキシトシンの分泌量が上がるのだそうです。そして、自分に思いやりをもって話しかけます。「つらいね。でも私は、私にできることをしているよ。大丈夫」とか、「今日もよく頑張ったね」というふうに話しかけます。

逆に自分に話しかけないように避けるべきなのは、「最低だな」とか、「こんなこともできないなんて」、「皆はできているのに、私はできない」、「これじゃあ心配だ」というような自分を否定するような言葉や評価です。

自分に対しては、つい貶めたり、功績を矮小化したり、否定してしまいがちですが、自分自身の気持ちに寄り添って、励ますことを心がけます。

ここまでお読みの方はお気づきのことと思いますが、この「セルフ・コンパッション」は、わたしがお伝えしている子どもへの接し方をそのまま自分自身に向けているものです。自分自身に対することと、子どもや周囲に対することは深く関係しています。

聖書の中でイエス様も「自分を愛するように、あなたの隣人を愛せ」と、自分を愛することと他者を愛することを、分かつことのない一つの愛の教えとして教えてくださっています。聖書の言う「愛する」とは感情ではありません。具体的に「大切にする」行動を伴います。

自分に対して温かく、大らかに、他と比較しないで、気持ちに寄り添い、受け入れることで、子どもに対してもそのようにできます。自分自身が求めている安心や幸福を、子どもは親や教師の体温や言葉の中に求めているのです。まず、自分自身を愛する子のように大切にすることで、自然に子どもにも周囲にも温かく大らかに接することができます。

2021年01月14日

モラルを育むために

幼稚園で、幼いながらもルールを経験した子どもは、してはならないことをしてしまった時、罪悪感が湧き上がってきます。入園したての頃はともかく、半年以上幼稚園で過ごした子どもは、悪いことをしたという自覚を持っているという前提で向き合う必要があります。
子どもは「咎められる」、「叱られる」、「怒られる」ことにはじめは怖さを感じます。最初は行動にもつながるかもしれません。しかし、やがてそれらは子どもを制御できなくなります。叱られる時間を逃れるために嘘をついたり、言い訳ばかり巧みになり、行動に移れなくなります。話に耳を傾けなくなります。その時間を通過させ、子どもの内に何も残らないという不毛な浪費がはじまります。
子どもは「~はダメ!」という強い言葉や大声を聞くと、固まってしまうことが多いです。それは対処方法がわからない非常事態に遭遇したようなものです。どうすればいいのかわからないのです。そんな状況で話して聞かせても、聞けませんし、子どもの内に残るものはありません。
子どもの内には罪悪感があります。罪悪感というのは人間の行動を改善する時に強い助けとなる感情です。ですから、子どもが望ましくない行動をした時には、禁止するのではなく、できることを伝えるように心がけます。
お片付けをしないで教室に戻ろうとする子を、「あれ?」という顔で見つめるだけで十分な場合が多くあります。それから、「一番に並びたかったのかな?」と穏やかに声をかけてみます。「うん」と頷いてくれたりしたならば、「言ってくれてありがとう」と正直であったことを認めます。それから、「片付けないと、お弁当の後遊べなくなっちゃうね」と理由を伝えてから、その子が今「できること」を伝えます。「それじゃあ、砂場の道具は先生があっちに片付けるから、ボールと縄跳びをお願いするね」と話します。
砂場のシャベルを振り回している子には、「おやー」と声や表情を向けると大抵は罪悪感で止まります。それからシャベルで砂を掘って、「シャベルは振り回すものではなく、砂を掘るもの」とできることを示します。
騒いだら、子どものを見つめて「ひそひそ声でお話ができるね」と言います。ごみを放っていたらば、子どもを見つめて「ゴミはどこに捨てたらいいかな?」と尋ねます。
うなだれたり泣いたりした場合には、背中を抱いたり、さすったりして、その子が感じている強い罪悪感に寄り添います。
子どもの中の居心地の悪い罪悪感に寄り添うことによって、子どもの中に「モラル」が構築されていきます。怒られるからする、という他人を判断基準にして、見られている時にはちゃんとやる、褒められるためにやる、というものではなく、自分を基準として善し悪しを判断し、主体的にする・しないを選ぶことができるようになります。
自分の内に「モラル」を持つことは、主体的に生きるために大変大切なことです。モラルが自分で考え、判断し、行動することを促します。他人任せにせず、「自分でやる」という気持ちを育みます。

2021年01月13日

家族の食卓でディベート

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を食い止めるために、1都3県に再び緊急事態宣言が発出されました。飲食店に対して午後8時以降の営業自粛の要請がされ、午後8時以降の不要不急の外出も控えるように要請されています。
出社しておられたご家族も、テレワークなどの在宅勤務が再び増えることと思います。そうなると、ご家族で一緒に、ご家庭で食事をする機会も多くなるだろうと思います。
幼児期の子どもが一番コミュニケーション力を鍛える場面は、何と言ってもご家族との対話です。そして、家族で一緒する食事時間はもっともリラックスして子どもたちが対話に参加できる時間です。
日本人から見ると、諸外国の人々はコミュニケーション力が高いと感じられることも多いと思います。欧米の人は社交的だからと言う方もありますが、コミュニケーション力は性格ではなくスキルにあたります。内向的な性格の子でも高いコミュニケーション力を持つことができますし、反対に外交的な性格の子でも、コミュニケーションのやり方を知らなければ、人間関係を上手く構築できません。
例えば挨拶を促す時、「きちんと挨拶をしなさい」と教える家庭が多くあります。一方、「笑顔で挨拶をしなさい」と教え、笑顔で挨拶することの大切さを教えている家庭はどれぐらいあるでしょうか。しかし、笑顔一つで人間関係がいかにスムーズに始まるかはお分かりになるだろうと思います。笑顔があれば、多少変な挨拶になっても、人間関係はスムーズに構築できるはずです。求められるきちんとした挨拶の形は、その場のシチュエーションを理解していれば、自分から身につけようとします。
そのように実際に生きたコミュニケーション力を養うために、大きな役割を果たすのは、家族で食事を一緒にする時間です。その時間は単なる栄養補給の時間ではなく、重要な家族や友人や仲間とのコミュニケーションの時間でもあります。人の目を見て話す、人の話を最後まで聞く、共感し、感情を表現し、「はい」と「いいえ」を明確にする、自分の考えを根拠を示して表現するなど、十分な時間をとった食事の時間がそれらを毎日育てていきます。
コミュニケーション力の中で、特に意識してほしいのは「ディベート」の力です。日本語では「討論」と翻訳されるので、「口論」して相手を言い負かすことのように勘違いしてしまいがちです。特に「朝まで~」という番組は、専門家の意見の内容はともかく、ディベートそのもののレベルが非常に低いので、あれは手本になりません。また、本来ディベートの最高峰の場であるはずの国会審議における答弁も、お粗末な感が拭えません。
ディベートは、他者の意見を「尊重し」ながら、自分の考えを「しっかり伝える」というものです。相手を論破することが目的ではありません。ですから、感情的なったり、発言中の相手の言葉を遮るのはマナーをわきまえない下品な行為です。
食事の席は「楽しく」が一番大事です。それには「楽しい雰囲気」というものを守ることが大事です。感情的になって相手を攻撃したり、相手を論破することはできません。さらに、自分を受け入れてくれる家族が、時に笑顔で、時に真剣な顔で、しっかりと自分のことばに耳を傾けてくれるから自分の意見を発言することができるようになります。食事を楽しむ大人の対話を手本として、「人の意見を尊重すること」と「自分の考えをしっかりと表現する」というスキルが育てられます。

2021年01月12日

控えめな存在

幼児期になると、子どもたちはあらゆることに疑問を持つようになります。「何?」に始まって、「なぜ?」、「どうして?」「どうやって?」といつも疑問を持っていきます。

こういうときに、大人はついつい答えを教えたくなります。しかし、子どもたちは大人に説明を求めているわけではありません。子どもと一緒なって「本当に不思議だね。どうしてかな?」と同じ疑問を持ってほしいのです。

大人としては、知識を増やしてあげたいと思って説明をはじめても、殆どの場合、子どもの興味は説明の最中に次へと移っています。ですから、長々と説明するよりも、子どもが「なぜ?」と疑問を持った気持ちに共感するだけでよいのです。

もしも、子どもがその後も同じ疑問を持ち続けていたら、その時に図鑑を開いたりして一緒に調べてみます。子どもが何かに疑問を持ったならば、大人は子ども自身が納得する答えを見つけられるように手伝います。疑問を解決するときにも、子ども自身が主役として活動できることが大切です。

疑問を持つということは、主体的に世界に関わっているということです。世界の中に自分がいることを手探りしているようなものです。幼児期の疑問から子どもの自主性は育ち始めます。疑問を持つことで、安全な親元から離れる距離と時間が少しずつ長くなり、自主的に世界に関わりはじめます。

ですから、子どもの疑問を聞いた時は、大人はできるだけ控えめな存在となれると良いのです。疑問への取り組みのために、一緒に調べても、「こっちが正しい」と結論を子どもから取り上げないために、最小限の手伝いに徹します。本当に知りたいことであれば、はじめは調べ方を一緒に繰り返して手伝っていても、そのうち子ども自身のやり方や、「何を使って調べればいいのか」、「どうやって調べればいいのか」を自分に合わせたやり方で進めていきます。

控えめな存在であるために大事なのは、子どもがやがて自分自身でできるように子どもの過ごす空間や時間、遊具や図鑑などの環境を整えることに心を砕くことです。子どもの成長によって子どもの「次の疑問」に備えた環境の組み換えも必要になるでしょう。理想は、最小の手伝いで、子どもが主役になって活動できる環境を作ることです。

そういう意味で、教師の仕事というのは、環境をつくることにあるといっても過言ではないと思います。整理整頓は勿論、足りない材料、道具がないように補充したり、季節の変化や子どもの興味の変化、技術や言葉の発達、活動の進み具合などで入れ替えたりします。

子どもの到達した結論が正しい答えであるのかどうかは、一緒に答え合わせをして確認させれば良いのです。その際は、可能なら専門家に聞くと良いです。専門家というのは喜んで子どもたちの疑問に答えてくれます。専門家の集まる協会や企業などに連絡を取ると丁寧に教えてくれることが多いです。その時に、子どもにはまだ分からない言葉があったときなどに、代わって「それは~ということですか?」と尋ねて、子どもの理解を手伝います。

2020年12月18日

自律と自立

日本語で発音するとどちらも「じりつ」なので、ごちゃごちゃになることもある「自律」と「自立」ですが、どう違うのでしょうか。またどう関係しているのでしょうか。

まず、「自律」は、大雑把に言えば「自分で決める」ということです。自分で考え、自分で目標を決め、自分で行動を選択することです。

人間は、生まれながらに「自分で決めたい」という欲求があります。それは基本的な欲求で、これが満たされないと心の健康が脅かされます。「自律」の反対は「他律」とか「制御」とか「統制」というもので、他からの命令や強制によって動くことです。そこには服従か反抗しか選択肢がありません。

「自立」は、経済的あるいは精神的に他に依存しないで生活していることです。ですから、「自立」の反対は「依存」になります。年齢的な成人という意味ではなく、成長という面で見れば、大人であるとは「自立」していることです。

「自律」と「自立」は、まず「自律」から始まります。「自分で決めて、他から支援を受ける」という子どもの育ちのありようは、自立はしていなくて、自律はしているという状態です。子育ての大目標は、子どもを大人へと育てることです。それは自立していくように支援することに他なりません。大事なことは、依存ではなく共生という健全な「自立」した生き方が成立するためには、しっかりとした「自律」の経験が不可欠ということです。

個人差はありますが、自律を妨げられる経験を重ねると、まず人は無気力になります。報酬や罰がなければ行動を起こせなくなります。不安感から負けたり失敗したりすることを極端に恐れ、成果を出せない自分の価値を極めて低く見なします。学生時代だと学業の成績が幸福感と結びついています。

自律の経験の出発点は、子どもの自発的な決心と思いがちですが、乳児期~幼児期の子どもは、基本的に殆どの生活時間を大人の決定の元で生きています。それは子どもたちが安全に成長するために必要なことですが、子どもを支援する側がいつまでも子どもを幼いと決めて、決定権を発揮し続けては、自律の機会がありません。

もう一度言いますが、自律的であろうとすることは人間の欲求です。その欲求は、たとえば食欲が食べないと満たされないように、また満たされなければ健康を損ねてしまうように、満たされなければ何らかの不健康な状態が心や体に起こります。

そこで、子どもの自律を支援する最初の一歩は、子どもをいつまでもコントロール下に置かないと生きていけない弱く信頼できない存在であるという思いから、この子は「できるようになる」という信頼へと、支援者である私たちのマインドを切り替えることです。

子どもへの信頼が、子どもの自律を支え、励まします。ただし注意したいのは、子どもを信頼することと、「自分のことは自分でやりなさい!」と突き放すことは違いますから、そこは注意しましょう。突き放すことにならないように、子どもを見守ることは不可欠です。「すぐにはできなくても、一緒に練習してみよう。きっとあなたは出来るようになると信じてる」と見守るのです。

2020年12月14日
» 続きを読む