園長の思い

園長 有馬尊義のブログです。

ブログ一覧

子どものつまずきと気遣い

幼いころに妹と遊んだタクシーごっこの記憶があります。当時中野区に住んでいて、タクシー運転手役の私が、「上野動物園ですか?中野動物園ですか?」と聞くと、お客さんの妹が「下の動物園でお願いします」と答えました。それを聞いていた母親が笑い出したのを覚えています。
これは小学生を対象に調べたデータですが、子どもたちは学習の際に、大人から見ると馬鹿馬鹿しいレベルでつまずいています。ある本で「国道って、道のこと?」と聞いている子を見て唖然としたと書いていました。考えてみると、普段子どもは国道という言葉を使いません。「国の道と書いているからわかるだろう」と思われるかもしれませんが、知らない子どもにとっては「北海道」のような地名のように思えるかもしれません。
小学生を調べると、子どもたちはこの程度のことでつまずいてしまうことが過半数であることが分かっています。これは、「ここを見ればわかる」と指し示すだけで解決します。ところが、それができないということが問題です。自由に「国道って、道のこと?」と発言したら、「空気の読めない子」と疑われます。子どもたちは教師の評価はさほど気にしませんが、「空気の読めない子」と同級生に思われることを恐れます。そのため、つまずいた子はそのことを隠して、学習を放棄します。授業開始5分で過半数の子が学習を放棄している可能性があります。これは大変な損失です。
一方で、最近の子どもたちの学習環境は、「教師からしか学べない」というものではありません。塾、予備校、通信教材、スマホアプリが沢山あります。また、保護者が高学歴になり、家庭学習も熱心です。魅力的な教材や学習環境の下で、どんどんと知識を豊かにしています。
その結果、クラスの何割かの子どもたちは、授業を受ける前に学習済みという状況が生まれます。そういった子は、授業を通して教師が何を言わせたいか、何をさせたいかを前もって分かっています。そして、心優しい子たちはそれを授業の最初に言うと先生が困ってしまうから、分からないふりをして、無駄な時間に付き合ってくれるのです。教師の方が気遣われているのです。
「教育は経済ではない」と言われるのも分かります。確かに自分たちの将来の金銭的投資として子どもの教育を語るのは行き過ぎでしょう。しかし子どもたちの「時間」の損失を、大人はどう考えているでしょうか。「若いからまだまだ大丈夫」、という感性の根拠は何に基づいているのでしょうか。そこを考え最善を探るのが教育者の経済感覚です。私たちは永遠の存在ではありません。時間は、世界中の富と引き換えにしても、1秒たりとも取り返せないのです。

2020年03月26日

分かるほど教えられなくなる

例外はありますが、という前提で記します。
物事を知れば知るほど、深く理解している人ほど教え方が上手、という常識が教育の世界にはあります。そして、現在の教師養成や教員免許更新はこの「常識」に基づいてプログラムされています。しかし、これは全く根拠を持たない幻想です。
単純に考えて欲しいのですが、ご自身の経験で幼稚園、小学校、中学校、高校、大学で、最も理解不能な授業・講義をしていたのは誰だったでしょうか。私は大学教授の講義が最もひどいものだったと思っています。教え方が下手なのです。
何故下手なのでしょうか。それは、教える側にとって分かり切ったことを、分からない人がどうして分からないのか、どこが理解できないのかが分からないで教えようとするからです。教育の現場で、知識量は多いほど良い、分かるほど良いということと、良い教師であり、教え方が上手いということは比例していません。むしろ、教える側と教えられる側の理解のレベルが適度な開きを持っているときに最適な学習が成立します。
一番わかりやすい例は、子どもたちが活動や遊びの中で互いに教え合うことの方が、教師が教えるよりも格段に成果を上げることが実際にあるということです。虫のことを教えるのは、虫を知っている子が知らない子に教える方が格段に知識の吸収が容易です。遊びのルールを理解した子が、理解できない子を誘導した方が、教師が何度もルールを伝えるよりも時間短縮になります。教師よりも子どもの方が、理解の難しい子にとって良い教えてになれることが多いのです。
これに加えて、教師は分からない子に知識を与え、理解を得ようとします。しかし、それ以上に大切なことはその子の気持ちに寄り添うことです。分からなくてやる気を失ってる子に、「頑張って、きっとできるから」と、子どもにとってはるかな高みにいる教師から言われるのと、自分よりちょっとだけ上手な(あるいは下手な)親しい子から「いっしょにやって」と誘われるのとでは、どちらが子どものやる気を奮い立たせるでしょうか。やる気がなければ、いかなる取り組みも子どもの時間を浪費させるだけです。
また、教師は「みんなができる」ことを目指し、子どもの心理を読み解き、理解度を測り、子どものことを把握しようと懸命な努力をしています。その結果、「できる子」と「できない子」の二分割で教室を理解します。そして、「できない子」を「できる子」にするための素晴らしい教授法を求めて懸命に努力します。しかし実際は、教室は二分割されているのではありません。教室に30人の園児がいれば、「できる」から「できない」まで、30分割の現実があるのです。「できる子たち」も「できない子」も一人ひとり違うのです。できる子がもっとできるようになる方法は、一人ひとり違います。できない子ができるようなるための方法も、一人ひとり違います。そしてどの方法が最適かを知っているのは当人です。それを知るために、当人から「何が分からない」、「どこが難しい」、「教えて欲しい」という意欲と対話を引き出すことが必要です。そのためには向き合って沢山の対話を重ねなければなりません。しかし、教師と子どもの間だけでそれを成り立たせようとすると、一人の子どものために他の子どもたちは置き去りにされます。つまり膨大な取り返しのつかない時間の無駄が生じます。
これらの、浪費と無駄の時間から子どもたちを「学び」の時間で生きる喜びへと導くことが、本当に教師に求められていることではないでしょうか。

2020年03月24日

疲れる保育

玉川大学准教授・東一の江幼稚園園長の田澤里喜先生の新聞連載(日本教育新聞2020年3月16日)を要約して紹介します。
田澤先生が幼稚園でクラス担任をしていた時に、子どもを多面的に見るという目的で、同じ4歳児のクラス担任を一日だけ入れ替えるというクラス交換が実施されました。一日の保育が終わり、自分の担任するクラスの子どもたちのことを入れ替わった先輩保育者に尋ねたところ、「田澤先生のクラスで保育をするのは疲れる」と言われて、驚いたそうです。
どういうことかというと、田澤先生のクラスの子どもたちは、小さなことでも先生に確認して来たり、自分たちで解決しようとしないことが多く、「先生、○○つかってもいい?」「先生、A君たちがケンカしてる」と聞いてくるというのです。こうした子どもたちの様子を「疲れる」という表現で先輩保育者は田澤先生に注意してくれたのだそうです。
田澤先生はご自分の保育を振り返って、普段子どもに指示をすることが多く、子どもたちの疑問に全て答えようとしていたことに気がつきました。それは子どもたち同士で解決すべきところにまで及んでいたと感じられました。そのために、田澤先生は確かに「疲れる保育」をしていました。保育者に余裕がなくなり、視野が狭くなり、先を考えて動けず、結果として保育の質が低下していました。保育者が疲れるだけでなく、指示をしたり、答えたりすることが多いために、子どもたちが自分自身で考える機会を奪っていたのだと気がつきました。
一方、先輩保育者のクラスでは、子どもたちが担任に確認することもなく、クラスにあるものを自由に使い、ケンカがあっても自分たちで解決しようとしていました。子どもたちが自分たちの力で生活をしようとしているので、「疲れる保育」になっていなかったのです。
教育とは、人の言うとおりにできるようにすることが主目的ではありません。自分で考えること、分からなかったり、困ったりしたら他者と協力できること、自分たちの力で歩む力を育むことです。

発達の主役は子ども自身です。その上で、どのような助けが必要とされているのかを考えています。幼稚園で子どもたちに応答する時、教師が子どもに代わって疑問や活動の主役になってはいけません。子ども自身の興味や関心に、自分のこととして取り組むように促し、励ますところに幼児教育の実践があります。それは主役を元気づける応援に似ています。主役に代わって舞台に上がってはいけないのです。

2020年03月19日

愛着の形成

私たちは不安な時、誰かに頼り安心感を得たいと感じます。多くの子どもは親に抱っこしてもらうことで安心感を得ます。そういった他者との情緒的な結びつきを愛着関係(アタッチメント)と呼びます。愛着関係を乳幼児期に形成することは極めて重要なこととされています。愛着関係が形成されると、子どもにとって親は安全基地のようなものになると言われます。安全基地があれば、そこから出発して周りの世界に探検に出ていけます、何か怖いことがあっても、基地に戻れば安全と安心を得られ、子どもは元気を満たして次の探検に出発することができます。
愛着関係は実験から、本質は栄養補給ではないことが分かっています。抱っこのような身体的接触による温もりは重要です。しかしそれだけではありません。乳幼児期の子どもの愛着関係の形成に重要な要因は、乳幼児期の子どもが発する様々なサインが鍵となります。言葉を発する前の子でも、泣いたり、笑ったり、見つめたりという様々なサインを発しています。それらがどのくらい意図的かどうかは分かりません。反射的なものも多くあるでしょう。しかし重要なのは、サインを受け止める大人がいるという事実です。そして、サインを受け止めた大人がどのような行動をするかということです。
健全な関係であれば、子どもが泣いていたら、大人は子どもを無視するでしょうか。おむつか、ミルクか、それとも他のものが必要なのか、不愉快な何かを取り除くべきなのか、考えて応えようとするでしょう。「どうしたの?」と語りかけて抱っこするかもしれません。子どもが笑っていたら、子どもが笑顔というサインを意識的に出しているかどうかではなく、子どもの笑顔に魅かれて、自然と大人も笑顔になります。語りかけることもあるでしょう。
このように子どもがサインを出し、親はそのサインに対して反応を返します。親の反応に対して子どもが更に反応を返すことで、「やりとり」が積まれていき、関係が形成されていきます。そのような経過を赤ちゃんの時、幼児の時の成長に応じて重ねていくことで、強力な愛着関係が形成されていきます。
赤ちゃんは生後3か月から半年くらいまでは、どのような他者とも愛着関係を形成する可能性があるそうです。両親以外の相手にも、サインを向けます。そうやって自分の世話をしてくれるのが誰なのかを見極めているそうです。自分と過ごす時間が一番長いのは誰か。質の高い世話をしてくれるのは誰か、ということを見極めつつ、青着関係を形成する相手を決定していきます。3か月から半年は誰にでもサインを見せるものの、その後は特定の人に愛着を見せるようになります。その後、人見知りがでて見知らぬ人に対して警戒を見せる一方で、愛着関係を形成する人との関係をさらに求めるようになります。姿が見えなくなると泣いたり、後追いをするようになります。そうやって強い愛着関係を形成し安全基地を作った子は、短時間であれば離れても過ごすことができるようになり、仕草や表情は豊かになり、言葉を発し、お互いが協調してさらに愛着関係を深く強くすることができるようになります。(参考・「おさなごころを科学する」森口佑介著 新曜社)

2020年03月18日

卒園式

卒園式を本日することができました。31名の子どもたちが卒園していきました。
卒園式では「実に、あなたがたこそ、わたしたちの誉れであり、喜びなのです。」(テサロニケの信徒への手紙一2章20節)という聖書の言葉をもって、式辞としました。
新型コロナウイルス感染症のために休園としたので、卒園遠足もお別れ会も中止となりました。卒園式も窓を開け放った遊戯室で参列者を限定し、大幅に短縮して行いました。卒園と小学校への進学という大きな節目を迎える子どもたちにも保護者にも異例なことで、心配や不安もあった中、出来る限りの準備をし、お手伝いをいただきました。式場をきれいに飾ってくださったのは保護者の皆さんです。
保護者の皆さまのこれまでの多くのご協力を深く感謝いたします。小学校でますます知恵を深め、背丈も伸び、人を愛し、神と人に愛される子として成長されますよう、お祈りいたします。

2020年03月17日
» 続きを読む