園長の思い

園長 有馬尊義のブログです。

ブログ一覧

誰かの役に立つ経験

子どもは、家族のおまけでもお荷物でもなく、家族の重要な一員です。かつては子どもが家事労働や弟妹の面倒を見たりして、子どもが積極的に家族の中で役割を果たすことがなければ、家庭を運営することは困難でした。

しかし、今日では両親ともに働く家庭が増え、余程意識して機会を与えないと、子どもは家庭の中に出番がありません。要求されるのは「静かにしていること」、「指示に直ぐに従うこと」であることが多く、その意味で家族の役に立つという経験が非常に少ない子どもたちが多くいます。

令和元年版の内閣府の子供・若者白書によると、「日本の若者は諸外国の若者と比べて、自分自身に満足していたり自分には長所があると思ったりするなど、自身を肯定的に捉えている若者の割合が低い傾向にあり、こうした自己肯定感の低さには自分が役に立たないと感じる自己有用感の低さが関わっている点に、諸外国の若者にはみられない日本の若者の独自性がみられる」と分析が記されています。
(令和元年版 子供・若者白書 概要版 https://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/r01gaiyou/s0_1.html )

「誰かの役に立つ」という経験は、自分をこの世界に固定する錨のようなものです。忙しい大人からすると、子どもに手伝ってもらうよりも自分でやってしまった方が「効率がいい」かもしれません。しかし、お手伝いは子どもにとって「誰かの役に立つ」ことを経験できる、今や貴重な機会です。お手伝いの経験から、自己肯定感が育ちます。是非、意識して子どもにお手伝いの機会を与えて欲しいと思います。

子どもに手伝ってもらうことは、いわば「細々とした家事」で十分です。そういったところで子どもは十分に力を発揮できます。「玄関の靴をそろえる」、「おもちゃを片づける」、「脱いだ服を洗濯籠に入れる」などの小さな仕事がよいでしょう。

子どもにお手伝いを任せるときには、最初にやり方の見本を示し、子どもが始めたらば、思い切って口や手を出すことはやめましょう。幼稚園で遊具を片付ける子どもたちの間で良く起こるのが、遊具を運んでいる子に、他の子が手や口を出すと大抵トラブルになります。任された仕事に口や手を出されることを子どもは嫌います。過剰な口出しや手出しは子どもの達成感を損ないます。

子どもがお手伝いの中で、失敗したり、くじけたりするのも大事な経験です。子どもなりに工夫したり、考えたりしながら、自分の力でお手伝いに対処できると、自分の力に自信を持つことができます。

手伝いをしてくれたなら、その結果に対してではなく、手伝ってくれたことにいつも「ありがとう」を伝えましょう。子どものすることですから、慣れない手伝いであれば、大人から見てまだまだということもあります。しかしまず、「ありがとう。助かった」です。認められることで、子どもの自己肯定感は育ちます。現代では、手伝いの機会を自己肯定感を育てる家庭教育の機会としてより強く意識して子どもに用意することが大事なのでしょう。

2020年09月25日

B組(年中)の新しい仲間

9月に入ってから、毎日少しずつ”ロボットカミイ”の本を読んできました。読み進めるうちに「カミイを作ろうよ!」と子どもたちから声があがり、読み終わったタイミングでみんなで協力して作りました。今日からB組の仲間入りです。立ち上がった時は大歓声があがりました!!!

2020年09月24日

好奇心のために

好奇心は活動と思考の源です。ワクワクした気持ちは、人に意欲を与えます。

OECDによる成人を対象とした調査(2012年)では、20歳の日本人の好奇心は65歳のスウェーデン人並だったそうです。(参照『OECD「国際成人力調査」の概要と日本の成人力 』坂口緑(明治学院大学) http://www.j-lifelong.org/wp-content/uploads/2015/06/36-10-1.pdf )

現代は、2012年と比較して、さらに様々な情報に容易に手に入れられる時代になりました。しかし、手軽さが逆に好奇心を妨げているとも言えます。知らないことを知ろうとする意欲や、もっと深く知りたいという気持ちが弱まっています。

子どもたちは、本来好奇心そのものの様な存在です。新しいことを知り、挑戦することに意欲的で、知らないことを知った喜びから、学ぶことは楽しいと思えるようになります。本来的にワクワクしないところに高く、深く、広い学びはないのです。子どもたちの好奇心を維持し、さらに好奇心を育てるために、どうしたら良いでしょうか。

子どもたちのワクワクを維持し、好奇心の満たされる感動を体験させるには、「すぐに教えない」ことです。知りたいことはインターネットで検索すればすぐに分かります。関連するリンクを次々とクリックすると、どんどん情報は拡がっていきます。そうすると、子どもの疑問に答えを与えることが出来て、大人は満足するかもしれません。しかし、そこで子どもの好奇心は枯れていきます。

ワクワクした好奇心は、もやもやとした「知りたい」、「やってみたい」という欲求と結びついています。そのような好奇心が本当に満たされるのは、「自分で得た」時です。与えられた時ではありません。ですから、答えを与えるのではなく、好奇心を自分で満たすように導くことがいちばん大事なのです。

そのためには、あえて時間をかけて、「自分の手と足」で確かめさせるのです。図鑑を持ってきて「与える」のではありません。「○○の図鑑があるから持っておいで」と、子ども自身に持ってこさせるのです。索引からさっさと目的のページを開いてあげるのではなく、調べ方を教え、子ども自身にページをめくらせます。読めない字は読んであげても良いですが、どこを読むのかは子ども自身に聞きます。とにかく、「自分で調べた」、「自分で得た」という体験をサポートします。子どもが調べたり、色々試す様子は、大人から見るともどかしく思えるものです。しかし、そのもどかしい時間が、好奇心を育てるために必要なのです。

そして、調べたり試したりする子どもの好奇心の対象に、サポートする大人も興味を持つようにできるとよいです。子どもが調べて教えてくれたことに、大人もワクワクした関心を示します。子どもが調べたことを「教えて」とお願いして、話してもらいます。人に教えることで知識は定着し、新しい疑問という好奇心が生まれたり、さらに深く知りたいという意欲がわきます。

一方で、子どもは驚くほど早く好奇心を手放してしまうことがあります。好奇心をすぐに与えられたもので満たしてきた子は、もやもやとした調べる時間や試す時間が嫌いです。与えられないと好奇心そのものを放棄します。

しかし、そのような子でも、何かに夢中になることがあります。テレビのヒーローやポケモンのようなものでもいいのです。そこでとことん夢中になって、好奇心を刺激されていきます。自分で調べるようになります。ヒーロー物やポケモンなどには、元ネタというべきものがあります。生き物だったり、宇宙だったり、そういったことへ興味をつなげていくことができます。

2020年09月23日

”子どものケンカ”という学び

かつて、子どもの成長は親や家庭で決まると言われていました。しかし、子どもは親や家庭だけでなく、その他の集団の中で自ら学び、世界から様々な影響を受けています。その中で、特に年齢の近い子ども同士は、互いに大きな影響を与え合っています。

白梅学園大学の増田修治先生(臨床教育学)は、3歳から小学校低学年くらいまでに経験するケンカの体験は重要だといいます。

子どもは泣いたり泣かされたり、手を出したり出されたりして、心や体の痛みを通して力加減を学びます。ケンカを経験しないままで相手の体を損なえるほどの力を得る年齢になると、力加減が分からず、相手に大けがを負わせることになるかもしれません。重犯罪に繋がることもあります。

ケンカを無秩序な暴力ではなく、ルールと教育の下で経験させ、「仲直り」を経た新しい人間関係を形づくるためにはどうすればいいでしょうか。

まず、「守るべきルール」は明確に伝える必要があります。「首から上は叩かない」、「噛まない」、「爪を立てない」、「物で叩かない」、「物を投げない」といった、相手に一生残る傷を負わせることのないように、理解させる必要があります。子ども自身に、暴力を振るうリスクを理解させる必要があります。

それは言葉も同じです。相手の克服できないコンプレックスを責めることを禁じます。それは相手の心に傷を残し、「仲直り」の可能性を著しく損なうリスクを理解させます。

次に、ケンカそのものを考えてみます。ケンカとは暴力を指すのではなく、「互いの主張のぶつかり合い」です。「互いの主張のぶつかり合い」では、最後まで主張を言い切らせることが大事です。しかし、言葉に詰まって、互いの主張が暴力へと発展することもあります。相手を傷つけるリスクを理解するまで、暴力は大人が止めなければなりません。

言葉でとことん言い合いをして、もう言うことが無くなって、子どもたちの気持ちも落ち着きを取り戻して来たら、「原因は何か」、「何が嫌だったのか」、「どうすればケンカを防げたか」について問いかけます。子どもたち自身にケンカについて考えさせるのです。

主張は、お互いに言い切ったと納得感を得るまで言わせると、達成感を得ることができます。そして、最後は必ず「仲直り」で終わらせます。子どもはケンカと仲直りを繰り返して、何が相手を傷つけてしまうのか、逆にどうすれば相手に嫌なことを止めてもらえるかを学んでいきます。

子どものケンカは、予測できないきっかけではじまります。ケンカを大人が仲裁する時には、「言い切らせること」、「行き過ぎた暴力は断固として止める」、「子ども自身に考えさせる」、「最後は仲直りで終わらせる」という仲裁のルールを持っておくと良いと思います。

人間は10人いれば10通りの主張を持ちます。そこに主張のぶつかり合いは起こるべくして、起こります。ケンカを回避することが正解とは限りません。いつでも譲ることは謙遜ではありません。相手を力ずくで屈服させることは正義ではありません。暴力に頼るものは社会から排除されてしまいます。言葉で相手を傷つけることを好む人は社会から見捨てられます。

幼稚園の子どもたちはケンカを学ぶ途上にいます。適切な仲裁によって、ケンカという機会を学びとして、子どもたち自身を守る力を育てるために、大人は知恵を働かせるのです。

2020年09月18日

注意を伝える

子どもの「聞く力」を育てるためには、話しかける大人の言葉も伝わる言葉であることが望ましいです。

例えば、無理に話を聞かせようとして「聞きなさい」と命令してしまうと、かえって子どもは心を閉ざしてしまいます。頑なに抵抗する子もいるでしょう。そうなっては、聴力は音として声をとらえても、意味のない雑音として無視されてしまいます。

そうすると、大人の方も気持ちがヒートアップして、本当に伝えたいメッセージを伝えられずに終わってしまうかもしれません。

そこで、伝えることをしっかりと伝えるための幾つかの心構えを持っておくと、知っておくと、大人も子どももお互いに話しやすく、聞きやすい関係を築けるだろうと思います。そういった関係は、ごく自然な尊敬し合う関係の構築にも繋がります。

①ありのままに伝える
子どもに注意をするときには、実際に起こっているありのままの出来事だけを伝えます。始めから「ダメ」とか「あなたが悪い」といった言い方をされると、子どもは反抗したくなります。「悪い」と指摘するよりも、ありのままに伝えて、子ども自身に何をすべきかを考えさせる方が効果があります。「悪い」という評価が無くても、子どもはありのままの状況を言葉にしてもらうことで、自分で問題を解決しやすくなります。

②未来を伝える
「AをするとBが起こる」というように、「どうなってしまうか」という情報を伝えます。「片づけないと、失くしてしまうよ」といったことや、「手伝ってくれたら、とってもうれしくなる」といったことです。この場合も、責めるような言葉や、「悪い」と決めつける言葉は使わないようにしましょう。

③注意は、短い言葉で
時に、伝わる言葉には優しさだけでなく、「権威」が必要です。特にルールを守らなかったことを指摘するときは、短いひとことで、伝える方が効果的です。その際、「○○ちゃん、AをBしなさい!」だと長いですし、命令になってしまいます。「聞く力」は「考える力」へと繋がっていくことが望ましいです。例えばボールを片付けないで部屋に戻ってきたら、「○○ちゃん、ボール!」と一言で決めるのです。

④感情を伝える
注意を伝えるときには、感情を伝えることも必要な時があります。感情を言葉にすることが、子どもたちは未熟です。また、感情というのは見たり、手に取って確認したりという具体的な感触がありません。ある感情の湧き上がる前の状況も合わせて、「Aという状況があると、Bという事が起こって、Cという感情が起こる」という状況と接続させた理解が必要になります。そこで、感情を教えていくために「お手伝いをお願いした(A)のに、誰もやってくれなかった(B)ので悲しかった(C)」というように、何に対してなぜそう感じるのかを具体的に伝えるようにします。もう一つは、子ども自身が自分の感情を表現できない時に、同じように「あのお人形を貸してと言った(A)のに、貸してもらえなかった(B)から、怒っている(C)のね」というように、言葉として状況と感情を具体化してあげると伝わります。

大人は子どもに大切なことをたくさん伝えなければなりません。その中には、子どもが「聞きたくない」と思う事柄もあります。そのような時に、伝える側も聞く側もストレスを少なくやり取りができれば、関係もより良くなっていきます。

2020年09月17日
» 続きを読む